正しいスキンケアをして肌トラブルを防ぐ

MENU

正しいスキンケアをする

スキンケア

 

皆さんが思っている正しいスキンケアとはどのようなものでしょうか?
化粧をキレイに落とすことができて、洗顔をして、しっかり保湿をして、完成!という形でしょうか?
スキンケアは化粧を落とすための行為ですが、ただ落とすことができれば、スキンケアをすることができたとは言えません。
特に一番最初の化粧落としが、肌トラブルの原因となってしまうことが多いです。
クレンジングを使う際、特に注意をしたいところは用法と用量をしっかり守ることです。
ごしごし洗えば、クレンジングの量が少なくても汚れを落とすことができるだろうという安易な考え方は、今後肌トラブルで悩まされてしまう原因の一つとなってしまうので一番気を付けなければなりません。
肌はとても薄い皮膚の層でできています。
1センチも満たない厚さなので、人間の摩擦力によって簡単に皮膚にダメージが与えられてしまいます。
肌バリアが無くなると、皮膚は水分を保湿することができなくなるため、次第に乾燥しやすくなります。
乾燥しやすい肌に紫外線を浴びると、肌の細胞が破壊されたり、メラニンと紫外線が反応し、シミができたり、シワができたりします。
肌を守るためにも、摩擦をかけて擦って化粧を落とすことはNGです。
ですので、なるべく負担がかからないようにクレンジングは素早く終わらせる必要があります。
1分程度でクレンジングを終わらせることができるのが理想的です。
中にはクレンジングの中に美容成分などが含まれたものもありますので、自分の肌に合ったクレンジングを選んでください。
また肌を負担にかけない方法としては、手のひらでクレンジング剤を出し、十分に手に馴染ませてから使用することです。
続いて、化粧を落とした後は皮膚の汚れやクレンジングの残った汚れを落とすために洗顔をしますが、ここでも肌に摩擦を与えないために気を付けなければなりません。

手のひらで洗顔料を出したら、泡立てて使ってください。
泡立てることによってクッションになるため、摩擦力を軽減しながら顔を洗うことができるようになります。
続いて化粧師ですが、保湿をするためには欠かせませんので、なるべくつけることを心掛けましょう。
お肌に乾燥は大敵です。
保湿した肌を長く保つためには美容液やクリームで蓋をしてあげなければなりません。
たとえ肌が脂性肌でも乾燥はするので、美容液やクリームは欠かさず付けてください。
一般的なスキンケアの工程は以上です。
スキンケアは女性にとって欠かせない物です。
正しいスキンケアの仕方を知り、肌を守りましょう。